HOME玉野JCとは 事業報告スケジュール 委員会紹介 お問い合わせ

委員会紹介

総務室 専務理事 坂本 知久

 58年の歴史をもつ(一社)玉野青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」を目指し、諸先輩方から継続して運動して参りました。それは自らを鍛え磨き、まちの活性化に新風を巻き起こす覚悟のもと、ときに市民の先頭に立ち、ときに市民と手を携え、玉野のまちを支えてきた運動です。まずは、今後も玉野エリアの発展に必要な組織であり続けるために、青年会議所らしさを保ちながらも、一方で市民や行政、他団体との協働をこれまで以上に強化していきます。そして、青年会議所の運動を広く発信し、認知度をあげることで市民との相互理解を深めてまいります。さらに、組織の方針を達成していくために事業の目指す方向が適切かどうか、自由な発想を活かした効果的な手法をもって企画・立案されているかどうかを見極め、実施背景から決算に至るまで、円滑な組織運営を行ってまいります。また、各委員長の事業を成功させるために、与えられた一つ一つの職務に対し真摯に行動し、より多くの方々に青年会議所活動や事業、運動を伝え、共感を得ていきます。目まぐるしく変わる時代だからこそ、変化にも対応できる組織づくりに挑戦し、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

総務広報委員会 委員長 森 敦

 近年、(一社)玉野青年会議所は歴の浅いメンバーが多くなってまいりました。明るい豊かな社会の実現を目指す上で、その若いメンバーが事業の実施背景から決算に至るまでの内容を理解していく事が必要になってきます。まずは、より効果的な組織運営を行うために、上程資料の回収、配信の期日管理しっかり行い、事前の資料確認を徹底していきます。そして、(一社)玉野青年会議所、玉野エリアのさらなる発展に貢献するために、昨年、岡山ブロック協議会で学んだ、組織運営の知識や経験を生かした、組織運営の方法をLOMに還元していきます。
 また、市民、行政、他団体との協働をこれまで以上に強化していくために、新聞や広報誌はもちろんのこと、ホームページやソーシャルネットワークなどを、今まで以上に活用し、青年会議所の活動・事業・運動を広く知らせ、共感を得ていく広報活動を行います。さらに、より正確で、思いのある情報発信をするために、総務広報委員会を中心に各委員会とも連携し、組織として『玉野JC』をアピールして参ります。

 目まぐるしく変わる時代だからこそ、変化
にも対応できる組織づくりに挑戦し、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

事業計画 
 定例会(1月・6月・
12月)
 総会の運営 
 理事・役員会議の運営 
 三役会議の運営 
 慶弔及び褒章の管理 
 JCボックスの管理 
 LOM会計経理の管理
 事務局の運営管理、備品の管理、資料の保存
 LOM運営管理
 LOM内活動の伴う諸経費の見直し、並びに効率化の推進
 対外交渉の窓口対応 
 広報誌発行 
 ホームページの管理、広報業務


会員室 室長 岡田 真明

 メンバー数、在籍年数も減少し、会員資質の低下もみられる今、メンバーの資質向上を考え、新入会員も育成することは急務と感じています。新入会員の研修と教育にも力を入れ、早く青年会議所に馴染めるよう支援をして行き、様々な事業を通じて一回りも二回りも成長できるよう、教育にも取り組みます。
 青年会議所活動には、成長するための「機会」が多く提供されます。ですが、参加しないと得られませんし、参加すればするだけ、成長するきっかけも多く与えてくれる団体です。自分で目標を定め、それに向かい変化を恐れず行動することで、「機会」を自分の成長へとつなげられます。新入会員が事業に参加しやすい環境づくりや声かけを、メンバーに率先して行い、共に活動することで絆をつくってまいります。
 青年会議所には、自己の成長と地域の発展が共にあります。自ら進み、自ら考え、自ら学ぶ、高い意識を持った、責任感ある行動のできる会員を育成し、より一層の会員資質の向上を目指し会員開発を行います。LOMの要の委員会としての責任を果たすべく「修練、奉仕、友情」の三信条が共和し、未来に向けて繋がりのある活動し、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。


会員開発委員会 委員長 朝田 丘

 メンバーの在籍年数も減少し、JCがどの様な団体なのか伝えにくくなっています。委員会の担いである「会員の定着」には、事業が何を目的に開催されているのかを、十分に理解したうえで活動へ参加してもらう必要があります。まずは、自分自身が成長する機会や、多くの繋がりを得てもらうために、活動を通じた体験の中で三信条である「修練、奉仕、友情」を経験してもらいます。さらに、新入会員のJAYCEEとしての土台を築くために、担当する事業でも、事業に取り組む姿勢や接遇面、設営の基礎を習得してまいります。また、新入会員が積極的に物事に取り組める雰囲気をつくるために、入会時にオリエンテーションを受けてもらいます。さらに、意味を理解したうえで活動することでの、結果や経験を得てもらうために、何も分からないまま活動を始め、事業に臨んでいる新会員の問題を改善していきます。
 当委員会の事業だけでなく、他委員会の事業へも積極的に参加することを重要視し、LOMの下支えが出来る様努めます。
自ら進み、自ら考え、自ら学ぶ、高い意識を持った、責任感ある行動のできる、質の高い新会員を育成すべく、一年間邁進し、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

事業計画
 TALK・TALK JC
 新会員アトラクション
 3JC合同例会(4月 玉野)
 定例会(7月、9月)
 次年度理事長を励ます会
 忘年会
 卒業生を送る会
 会員研修タイム(通年 定例会)
 各種大会の案合並びに手配LOM内各種懇親会等


地域人財室 副理事長 小﨑 友敬

 入会年未満のメンバーが過半となり、色々な事が今までのようには行かないかもしれません。しかし、既存の概念に囚われず、様々なことにも挑戦できることも感じています。まずは、メンバー一人ひとりが改めて青年会議所の魅力について再考し、全員の力を合わせ、胸を張って勧誘出来る環境を整えます。そして、「入会してよかった」と必ず言える組織にしていきます。この環境が整えば人は自然と集まり、青年会議所としての存在意義が明確になります。さらに、メンバーのモチベーションの向上にもつながります。そして、同じ志を持つ多くの仲間と共に切磋琢磨しながら、自分自身を磨きあげ、家庭や会社、社会に貢献できる人間にも成長させていきます。さらに、今後も魅力ある組織として引き継ぐために、一人でも多くのメンバーが必要であり、そのために全員で会員拡大を行っていきます。
 
やるか、やらないかで今後の人生は決まります。成功も失敗もすべて経験であり、失敗と感じることも、行動を起したことの成果です。現状はしっかりと受止め、変化を恐れず自ら考え行動し共に組織を盛り上げながら、様々な困難を打ち破り、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

地域人財交流委員会 委員長 相賀 理史

 玉野青年会議所のメンバーが年々減少し続ければ、まちのために出来る行動も限られてきます。「明るい豊かな社会」を築き、地域を活性化するにはマンパワーが必要です。まず、このまちに住み、志を同じくする人を、一人でも多く集めます。特に女性には、男性メンバーには見えない視点で、私たちに足りないエッセンスを加え、現状を打破する起爆剤になります。さらに、まちづくりに興味を持ってもらうために、これまで社会に無関心であった人たちにも、5年先10年先の自分自身、地域の未来を思い描き、自分たちの子ども世代がより良い生活を送るための方法を考えてもらいます。
 また、拡大を続けるために、より魅力のある団体である必要があります。先輩方から受け継がれた想い、人と人とのつながり、目標の共有と達成感、奉仕の精神等、魅力をメンバー一人ひとりが理解し、引き出し、伝えることで、魅力を感じ、憧れて入りたくてJCに入会することが、拡大の本質なのです。
 拡大運動はメンバー全員で動いてこそ、大きなうねりを起こせます。私自身、メンバーの拡大へのテンションを上げるため、常に意識を持ち取り組む決意で、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。


事業計画
 定例会(2月・8月・
10月)
 会員の拡大(たまのを考える会)
 JC入会案内パンフレットの作成


ひとづくり室 副理事長 内藤 敦

 (一社)玉野青年会議所の課題として、一人ひとりの資質向上が求められています。なぜなら、全国的にも平均在籍年数が4年、入会3年未満の会員が、全体の503%となっている現状だからです。なぜJCがあるのか、なぜJCが必要なのか、JCとして何が出来るのか、もう一度LOM内で見つめ直し、JC運動の意義、そしてJAYCEEとしての立ち振る舞いを、今の時代にマッチした形で理解し行動する必要に迫られています。
 そのためにはJCとして、またLOMとして連綿と受け継がれてきた「決まり事」即ち、
JAYCEEとして守るべき行動規範、流儀、作法を学び、LOMとしての決め事を作り、徹底することにより、組織として一体感のあるJC運動に繋げ、市民の皆様に理解され、必要とされる(一社)玉野青年会議所をつくります。
 私たちは玉野エリアのまちづくり、ひとづくりを行っています。しかし、私たちは一市民である事も忘れてなりません。まちをつくる前に、ひとをつくる前に、先ずは自分自身をつくる必要があります。
 メンバー一人ひとりが自分自身と向き合い、何が足りないか、何が必要か、を学び、意識変革をする事により、人としての「器」を大きくし、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。


未来のリーダー育成委員会 委員長 岩崎 康博

 歴の浅いメンバーが多くを占め、様々な活動を行う上での経験値が不足している中、「今のメンバーに何が必要なのか?」1年間、このフレーズを自分たちに問いかけながら、JAYCEEとしてだけでなく、青年経済人として活躍できる人材を育成していく必要があります。まずは、メンバーのリーダーシップ能力の向上させるため、地域の課題に目を向け、解決策を考え、率先して行動していきます。さらに、地域・会社・家庭でリーダーシップを発揮できる人材とするために、メンバーの意識を変革させる取り組みを行ってまいります。そして、自信をもって立ち居振る舞いをするために、社会人としてふさわしいマナーを体得できるよう、マナーに関する情報発信をしてまいります。
 また、
組織として一体感のあるJC運動に繋げるために、先輩メンバーから口伝えで教えられていた、玉野青年会議所のJCプロトコル(決め事)を明文化してまいります。さらに、その内容が時代に即したものか、常識的なものかを検証した上で、メンバーと共有していきます。
 今年1年、メンバーの成長の加速度を一気に高め、
人としての「器」を大きくする事業を展開し、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

事業計画
 定例会(5月、
11月)
 講演会
 会員研修会


青少年育成・地域創造室 副理事長 高野 雅樹

 私たちの地域にも、青年会議所として取り組むべき様々な課題があり、市民の共感を得ていくためにも、既存の事業が地域の課題を解決できる、持続可能な解決策であるか精査していかねばなりません。まず、地域の課題を現場から感じ取り、何故そのようになるのか、どうすればできるのかを自分たちで考え、行動していきます。そして、子どもたちの世代へ先送りすることなく、対症療法ではない、根本的な課題解決に向けた礎を築いていきます。さらに、地域で活躍する青年たちへ、JC運動の共感の輪を広げていきます。また、他の地域を訪れる機会も活かし、各種大会のフォーラム、地域の取り組み、各地青年会議所の事業を研究し、私たちの地域に活かしていきます。さらに、未来を担う子どもたちが心を豊かに持ち続けるために、自らのものの見方、感じ方で判断し、日本人が守るべき「伝統」を、後世に継承していく存在になっていくことができ、人としての美しさを誇りに思える「機会」も提供していきます。
 次代を担う青少年の手本となるように、地域が必要とするものに真摯に向き合い、共感を得られる魅力のある地域をデザインする、
地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。

魅力ある地域デザイン委員会 委員長 角田 智広

 メンバーの在籍年数も減少し、経験不足も深刻な問題となっています。もっと若いメンバーが立ち上がり率先して行動することで、「消滅可能都市」とされる玉野を変えていき、子どもたちに夢を与え、私たちのまちに住み暮らし続けることを誇りに思える地域をつくることが必要です。
 まずは、地域課題への持続可能な解決策を立案するために、現地に赴き、その土地に住み暮らす人の声を聴き、深く自分たちで調査し、まとめ上げ検証し、何が課題なのかを仮定した上で事業として実施します。そして、対症療法ではない、根本的な問題解決の礎を築くために、調査、検証を行うプロセスを新たなる事業体系としていきます。さらに、玉野エリアを盛り上げていくために、他の地域の情報収集を積極的にし、活かしながら魅力ある地域として、市民の共感を広げます。また、未来の地域を支える人材を輩出するために、心を豊かに持ち続ける青少年育成事業を行います。
 私たちの玉野エリアが活気に満ちあふれ賑わい続けるために、他の地域や観光で賑わう直島で得た知識、経験を活かしていきます。そして活気みちあふれ、魅力ある地域をデザインする、地域を先駆ける青年として玉野エリアを創造します。


事業計画
 定例会(3月)
 日韓少年少女絵画展
 たまの・港フェスティバル
 リフレッシュ瀬戸内
 愛の献血
 第
4回玉野JCサッカー大会
 玉野まつり おどり大会参画
 玉野まつり 花火大会参画
 統榮青年会議所打ち合せ
 直島事業
 家族への絵手紙